1対1ネッツ 他の塾との違い

1対1ネッツは、つきっきり

個別指導塾なのに、聞きたいときに聞けないことがあるのはなぜ?

多くの個別指導塾の場合、複数の生徒に対して1人なので授業時間が違う

多くの個別指導塾の場合、複数の生徒に対して先生が1人の巡回型個別指導が多いようです。例えば、生徒が3人だと生徒1人の質問時間は平均して30分ほどです。

1対1ネッツでは、生徒1人に先生1人がつきっきり

1対1ネッツの場合、90分=90分。1対1ネッツは生徒1人に先生1人のつきっきり1対1指導。90分授業があれば、90分間全てが1人の生徒のために使われます。

さらに、生徒の「わからない」を対話を通して把握し生徒の「わかった」を引き出します。生徒は理解した問題の解き方を使って問題に取り組みます。すると先生からどう考えたのか質問され。問題の解き方を先生に説明します。1対1ネッツの対話式1対1指導はわかった後に自ら考え、さらにそれを自分の言葉で先生に定着させる、生徒が主役の対話型授業です。

暗記や型に頼った学びではなく本当の学力を身につけるため1対1ネッツはつきっきり1対1指導にこだわっています。

国際基準のコーチング研修を受けた専任コーチのサポート

ネッツは家庭での学習にもこだわっています。ネッツには国際基準のコーチング研修をうけた専任コーチがいます。学習計画も「〜しなさい」の一方通行のティーチングではなく、本人と1on1でコーチングをしながら学習計画を自ら決めることで、学習への取り組みが変わります。自宅でやるべきことが明確になり、自宅での学習時間が増えます。

自宅でやるべきことが明確になり、自宅での学習時間が増えます。

苦手科目をサポートする補習塾ではなく、志望校ランクアップを目指す進学塾

1対1ネッツは苦手科目をサポートする補習型の塾というだけではなく、志望校ランクアップを目指す進学塾です。1人1人の最適な学習のために長期的な計画を立てる合格作戦会議を行い、対話式の1対1指導だけではなくAIを活用したatama+、少人数制の進学教室などで生徒をサポートします。

atama+では、苦手な問題の根本原因をAIが分析し自分専用カリキュラムで苦手単元を最短で習得することができます。診断・講義・演習・テストのサイクルで苦手を完全習得していくことができます。

1対1ネッツのatama+は自宅でも使い放題です。効率的な学習で部活動や習い事との両立も実現できます。専任コーチが家庭学習もサポートしますので短期間での成績アップにつなげることができます。

進学教室は専任講師が講義形式で授業を行います。1クラス10名弱で実践的な受験テクニックを学べます。生徒に合わせた学びで志望校ランクを上げ、合格まで導きます。

苦手科目をサポートする補習塾ではなく、志望校ランクアップを目指す進学塾