個別指導・学習塾なら対話式進学塾【1対1ネッツ】公式サイト

【理科】2021年1月17日(日)放送分

問題

 

答え 100℃にはなっていません。そのままの温度で「蒸発」します。

 

解説

水は100℃になると「沸騰」し、気体になりますが、常温でも気体に代わることができます。その場合沸騰ではなく「蒸発」と言います。 洗濯物が乾くときは、ミクロな世界の水の表面上で、分子の衝突などでエネルギーを獲得した水分子が水面から飛び出す現象がおきています。 これを蒸発といいますが、これは水分子が激しく運動している、つまり水分子のエネルギーが大きな状態だと起きるようになります。 洗濯物が乾くときというのは、ミクロな世界で水が激しく動き回って水が空気中に出ていくことで乾いていくことが起きています。

 

 

言いたくなる問!一覧はこちら