対話式進学塾『1対1ネッツ』オフィシャルサイト

1対1ネッツで変わる理由 「対話式1対1指導」

対話式1対1指導

生徒1人に講師1人がつきっきりで指導します

生徒1人に講師1人の1対1指導で、生徒1人ひとりの「わからない」を見つけ出し、講師が表情を見てじっくり話し合いながら「わかる」まで解説し、生徒が自分1人で問題を解けるようになるまで指導します。
指導時間中つきっきりで、ひとりの生徒のためにすべての時間が使われます。

対話式1対1指導

対話指導だから、生徒の進捗や個性に合わせることができます

対話指導では、「どう考えたの?」と問いかけることにより、”どこまでわかっていて””どこから理解できていないのか”を、対話を通して確認しながら学習を進めます。また、生徒の表情を見ながら指導していくので、「この子はよくここでつまずく」「もう一度解説をして理解を深めさせよう」など、生徒の個性を考えながら丁寧な指導ができます。

対話式1対1指導

学校の授業がわかる、楽しくなる理由

つきっきりで指導をするから、学校の授業より少し先の単元にも取り組めます。講師が考え方や公式の使い方などを説明した上で、生徒が問題を解き、「わかる」まで解説を受け、授業の終わりには「目標」を達成できたのか確認します。ネッツの授業の後に、学校の授業を受ける予習型のスタイルで、学校の授業が、わかるようになり、楽しくなります。

対話式1対1指導

2020年度の教育改革が重視している「対話」にこだわり続けています

2020年度から本格的に始まる教育改革では、「他者との対話」が重視されています。1対1ネッツが、創業以来こだわり続けている対話式1対1指導は、講師と対話をしながら問題解決へと進むアクティブラーニング。知識の詰め込みではない、対話を通して、考える力、自ら説明する力が身につくとご好評いただいています。