個別指導・学習塾なら対話式進学塾【1対1ネッツ】公式サイト

出演講師

FBS・NIB  毎週日曜日 11:25~11:30放送

国語 福田美絵先生(2月15日出演)

「おざなり」と「なおざり」の違い、皆さんお分かりになりましたでしょうか?

いつも何気なく使っている日本語でも、実はそこには間違いが潜んでいるかもしれません。

また、同じ意味のようで実は違う意味を持つ言葉も多くあります。

(「貯金」と「預金」、「元旦」と「元日」などなど)

言いたくなる問!1対1を見て、「ほ~そうだったんだ」と思ってもらえたら嬉しいです!

そして、日頃使っている言葉に気を付けてみるきっかけにしてもらえれば、さらに嬉しいです!

他の科目でも、聞けば納得、知れば誰かに言いたくなるような問題がたくさんあります。

実際に私も、問題を友達に話して、あーでもない、こーでもないと考えてもらいました。

普段、なかなか触れることが無い問題だったようで、とても楽しみながら解いてもらえました。

これからも面白い問題をどんどんお伝えしていくので、

言いたくなる問!1対1を見て、

是非、友達と、家族と、皆で問題にチャレンジしてみてください!

国語 廣戸梨菜先生(1月18日出演 )

みなさん,こんにちは!言いたくなる問!の「敬語」いかがでしたか?

敬語は,日本語でコミュニケーションするには欠くことができない表現の方法です。

様々な人間関係や,場面に応じて敬語を適切に使うということはとても大切なことです。

「○○先生はおられますか。」

上記はよく聞く会話表現ですね。

しかし,これは「おる」(謙譲語)と「れる」(尊敬の助動詞)が組み合わさった,誤った使い方です。

「○○先生はいらっしゃいますか」と聞くのが正しいですね。

普段よく聞く敬語でも,間違っているものも多いです,

しっかり学習して適切な敬語を使えるようになりましょう!

ネッツでは,日本語検定の受験ができます。

日本語検定は,「敬語・文法・語彙・漢字・表記・言葉の意味」の6領域から幅広く出題され,

生活場面を想定した問題で実感を持って取り組むことができます。

自分の日本語を見直すきっかけ人もなります。

この機会に自分の使っている日本語を見直してみましょう!

過剰尊敬語… 気をつけましょうね! それではごきげんよう~♪

社会 米田美奈先生(1月4日出演)

はじめてのスタジオでの撮影に驚きいっぱいでした。

2分間の番組をつくるために、たくさんのスタッフさんが関わっていて、

30分から1時間も長い時間、撮影が行われました。

特に驚いたのは、ひろみちゃん役の財津アナウンサーです。

子どもらしい声質に、アドリブを交えながらも、

時間内に内容を収める様子は、「さすがプロ」だと感心しました。

社会では、「地図記号」、「徳川綱吉の生類憐みの令」を題材としましたが、

どちらも受験では直接出る内容ではありません。

しかし、受験に出る・出ないにかかわらず、物事の本質や歴史に深く触れることで、

より一つ一つの事象に関心をもつことができ、学ぶことが楽しくなります。

子どもたちには、そういった学ぶ楽しさを知ってもらいたい、

自ら学ぶ姿勢を身に付けてほしい、

そのきっかけになってくれればと、撮影に参加して強く思いました。