対話式進学塾『1対1ネッツ』オフィシャルサイト

ご挨拶

学びたいと願う、すべてのこどもたちの夢や未来を育むために。

代表取締役社長の紀洲良彦からの「ごあいさつ」とあわせて、経営理念・社名にかける思いをご紹介。

ご挨拶

累計生徒数55,000名の指導実績

ご挨拶

累計生徒数55,000名の指導実績

“ネッツ”とは、ドイツ語でネットワークの意味です。
私たち『1対1ネッツ』は、子どもたちと1対1で向き合えるような“学び舎”のネットワークを創り、教育の格差をなくし、公平で平等な教育環境を実現させたいという想いから2001年に始まりました。

1対1ネッツでは、フランチャイズではなく、あくまでも直営にこだわって、人材を育てながら、じっくりと校舎数を増やすことで、全国ネットワークに成長させていただきました。

代表取締役社長 塾長 紀洲良彦

経営理念

"1対1ネッツ"は、合格実績のみを誇り、成績優秀者のみを集める塾ではありません。

経営理念

私たちは、学びたいと願う、すべてのこどもたちの夢や未来をはぐくむために、人生の中で最も成長できる、幼年期から少年期を共に過ごさせていただき、対話を通じて、一人ひとりの個性・価値観と向き合うことにこだわっています。こどもたちの持っている力(才能・可能性)を存分に引き出し、地域社会が求める有為な人材を輩出することで、世の中を明るくし、元気を日本全体に広げることに挑戦し続けています。

きみと一緒に考える
きみのことだけ考える

“個別教育舎”という社名には、

経営理念

という想いをこめています。
子どもたちの声に耳をかたむけ、1対1でしっかり向き合い、一緒に成長していく。
それが、私たち“1対1ネッツ”です。